ヒキニートの日常

アルバイトや派遣を転々として生き辛さを感じ、30代でその原因(精神疾患)に気付く。現在は心療内科に通いながら自分に合った生き方を模索中

経歴詐称は悪なのか

最近とあるYouTuberの動画で履歴書の経歴詐称について語っていました。何でも障害が理由で仕事が続かず過去に100社ぐらい転職しているとのことです。

履歴書の学歴や職歴を偽って書いているということに対して色々と叩かれてたみたいですが、経歴詐称は本当に悪なのか自分なりに思うことを書いていきます。

自分自身も似たようなところがあって今まで転職を繰り返してきました。仕事が続かないので空白期間がどんどん増えていくし、入って数日で辞めた会社なんて履歴書に書けませんよね?それで穴を埋めるために履歴書の内容を修正する必要があるのです。

例えば10年間引きこもっていた人が働こうと思ってバカ正直に履歴書に書いたとしても面接で落とされます。今はアルバイトや派遣でもなかなか採用されないことがあるし、ありのままを書いてたらいつまでたっても決まらないでしょう。

ただ、その人のように行ってもない学校を卒業したことにしたり、資格を偽って書いたりするのはやりすぎなんじゃないかと思いました。実際に3年間働いた会社を5年間働いたことにする程度なら許される範囲じゃないですかね。

働いた期間の水増しは、過去の派遣でも担当の人が履歴書を修正して企業側に出したりということがあったので個人的には悪いことではないと感じています。就労相談でも空白期間を埋めるために職歴を長めに書き換えられたことがありました。

なので履歴書には全て本当のことを書く必要はなく、面接でもマイナスになるようなことは言わないのがベターです。会社の求人情報だってデメリットばかり書いてあったら誰も応募したいとは思わないでしょう。だから会社側も都合の悪いことは書かないのです。